廣済堂ビジネスサポート

「グローカル」人材サービスのリーダー企業

メニュー

宮城・東北の求人を支える仕事

多様化するライフスタイル、働き方も柔軟であるべきだと思う

長年にわたり廣済堂が培ってきた求人メディア事業でのノウハウを活かし、宮城を中心とした東北地方で企業に求められる人材をよりスピーディーに提供する仕事です。
「必要な人材を、必要な時に」を合言葉に、働きたい人と企業双方のニーズに合った人材派遣を目指しています。
働き方も多様化する現代。大切なのはその人に合ったキャリアプランを提供すること。相手に寄り添い、しっかりと言葉に耳を傾ける。こうしたコミュニケーションの大切さは、日常生活だけでなく、人材派遣にも必要不可欠な要素です。丁寧な指導で、優秀な人材を派遣するサポートを、社員一丸となっておこなう労働者派遣事業部の責任者 菅野さんにお話を伺いました。

01

色々なことに興味を持てること、諦めずに結果を目指すことが大切

廣済堂が労働者派遣事業を開始してから23年が経過します。現在、廣済堂グループには4社の派遣事業会社があり、廣済堂ビジネスサポートはその中の1社となります。
廣済堂ビジネスサポート・人材派遣課は、現在9名で業務を行っております。業務には営業職・コーディネーター職・事務職があり、メンバーそれぞれがそれぞれの職域の中でプロフェッショナルを目指し、日々の業務を遂行している職場です。
営業職もコーディネーター職も、企業担当者・派遣社員・求職者などと業務上では数多く接することとなりますので、聞く力や伝える力が日々鍛錬されてるものと思いますし、法律など専門的な話題についても出てきますので、コミュニケーション能力と共に労働者派遣事業に伴う知識も必要になってきます。
企業側からのご依頼に沿った人材を派遣することは、企業のニーズと共に求職者のニーズにも同時に応えることとなり、双方が満足に至ることで我々のサービスが成り立ちます。そこから生まれる双方からの信頼を積み重ねていくことが重要な役割なのだと思っています。
色々なことに興味を持てること、諦めずに結果を目指すことがこの職場では大切なことだと思っています。

02

選択肢の多さが大きな支えでした

働きたい場所、時間、業種、働き方。10人いれば10通りの希望があります。それぞれの希望を最大限叶えられる求人をご提案できるのは、廣済堂が長きにわたって求人メディア事業を手掛けているから。地域に根差した事業展開を続けているからこそ、幅広いニーズに応える求人情報が揃っているんです。だから私たちは自信を持って、求職者の方に寄り添った人材派遣を実現することができています。

03

緊張を和らげる。それが大きな一歩です。

新しい環境で仕事を始めようとするのに、不安や緊張感はつきものです。でもそれではその人が本来持っている魅力や強みはなかなか見出せません。そこで大切なのがしっかりとしたコミュニケーション。どんな些細なことでも相談できる、安心できる信頼関係を常に心がけています。相手がリラックスして話ができる環境作りと、相手に寄り添い話を聞く姿勢、そして何よりも笑顔が欠かせません!

04

地元密着型の人材派遣です

住んでいる地域や年代によっても希望する働き方は変わってくるもの。人材派遣に関わるスタッフはその土地柄をよく理解している必要があります。言い方を変えれば「地元をよく知っていること」は人材派遣にとって大きなメリットになるということ。地元が好き!地元で働きたい!という気持ちは、派遣登録をされた方の気持ちに寄り添い、しっかりとしたフォローができる素質があるかもしれませんよ。

05

「働きたい」を応援する仕事

お仕事を続ける上で、スキルアップを目指す方も多くいます。実務で役立つスキルを身に付けたい。ビジネスで必要な知識を身に付けたい。こうした方のために、廣済堂ビジネスサポートではビジネスマナーやパソコン操作などそれぞれのレベルに合わせた研修サポートも行っています。社員同士でしっかりと情報を共有し、きめの細かいフォローを徹底しているため、働く方のスキルアップ、キャリアアップにも応えていけるのだと思います。

先輩社員・伊藤さんから、皆さんにメッセージ

仕事の中で味わう幸せをともに分かち合いましょう!

現在私は法人向けの人材派遣業務を担当しています。具体的には法人様へのテレアポによる営業、ご訪問、ご提案など。あわせて求職中のスタッフに、就業先候補の職場案内を行なうほか、就業中のスタッフに「困りごとはないか」「問題なく仕事ができているか」など定期的な面談などを行なっています。入社した直後はクライアントやスタッフからの問い合わせにうまく対応できないシーンもありましたが、徐々に経験を重ねていく中でそのような場面も少なくなってきました。

実は当社に中途採用されるまで、飲食・接客業の経験しかありませんでした。そのため「自分のデスクやPCを貸与された」ということに「これから会社務めが始まるんだ」とワクワクしたのを覚えています。いざ業務に就いてからわかったのは「派遣業は“一度契約すれば終わり”ではなく、小さな信頼の積み重ねがあってこそ成り立つ仕事である」ということ。そのために一つひとつのご相談に真摯に向き合い、全力で応えることを今も肝に銘じています。

派遣スタッフの方から「担当が伊藤さんでよかった」と言われたとき、相談を持ちかけられたときなどに「頼りにされている」と実感しますね。一方、派遣先のご担当から紹介したスタッフについてお褒めや感謝の言葉を頂くことも少なく有りません。実は私が入社した年、はじめて派遣先へご紹介したスタッフの方が、今も同じ職場で長く就業しているんです。そうしたケースに出逢う度、幸せなマッチングのお手伝いができたことに安堵と喜びを感じます。

こうした仕事の中での喜びを、一人でも多くの方を分かち合いたい。新たな力が加わる日に私たちは期待を寄せています。

TOPページ