地域福祉のネットワークを広め、社会で共に生きる関係構築を実現

全ての人が暮らしやすい
ノーマライゼーション社会
の実現を目指して

ABOUT

創業のきっかけなどを教えてください。

ノーマライゼーション協会 人事の野村久恵さんにお話しを伺いました。

最初は障がい者のお子さんを持つご家族の方3~4人が集まり大阪市立障がい者センターの一室から始まりました。ご自分のお子さんの就労支援の活動から始まり、それに理事長が賛同し法人設立へとなりました。その後、高齢者の介護施設や障がい者の施設が徐々に増え今は、11の事業を運営しています。「すべての人権を基軸としたノーマライゼーション社会の実現」を念頭におき、生活・仕事・創造・アートの活動を通し地域住民との交流をはかりながら より暮らしやすい社会を目指し尽力しています。*(ノーマライゼーションとは、障がいを持つものと持たないものとが平等に生活する社会を実現させる考えかたです。)



WORKS

地域の方々の温かいバックアップを受けながら活動しています。

主に、障がい者の自立支援サポート、高齢者のサポートを目的として、東淀川区で施設運営をしています。それぞれの施設により特徴は異なりますが、例えば「特別養護老人ホーム・だんらん」では、施設の中に「つどいホール」があります。このホールは近隣の方々にも解放しており、イベントなどを通じて高齢者と地域の方の交流の場となっています。イベントの時には地域の方がお手伝いに来てくれたりします。また、「西淡路希望の家」では、知的障がいを持つ方々の就労支援活動の中でアートの取り組みも行っています。作品の制作や販売なども行いオンラインでTシャツやカレンダーの販売も行っています。またカレンダーの制作も地域のデザイナーや印刷会社のご協力を得ています。アートの展示も東京や海外でも定期的に行っています。地域の方々との交流を楽しみ温かいバックアップを受けながら活動しています。また協会としての強みは、障がい者と高齢者のサポートを長年行ってきた経験から、今後増えていくであろう高齢の障がい者の方々へのフォローができる体制があるということです。高齢になりつつあるご家族の方にも寄り添い支援していきたいと思っています。今後の展望ですが、ひとりひとりの人権が守られ高齢者も障がい者もいわゆる社会的弱者といわれる人々が、安心して楽しく暮らせるような社会を目指し今後も尽力していきたいと思っています。



MESSAGE

職場体験を実施しています!あなたのやさしさお待ちしています。


<求める人物像>

障がい者や高齢者の方々の支援を一緒にしてくれる方。利用者さんもいろいろな個性の方がいらっしゃいます。職員もいろいろな方がいて、皆さん適材適所で働いています。例えば、職員がただ隣に座っていてくれて、安心する利用者さんもいます。いろいろな個性があって当たり前。その中で、助け合いながら生活しています。 

<応募者のみなさんへメッセージ>

「まず人に興味を持つ」他人の気持ちを理解しようとする気持ちがあれば大丈夫です。みなさん、いろいろな経験や特技などお持ちだと思います。「私はこれができるよ~」「こんなサポートしてみたい」などそんな気持ちが大切です。コロナで、他業種からの中途採用の希望者も増えています。いままでのいろいろな経験を生かせると思います。面接後に、お試しで働いてみることもできます。まずは、体験してみてください。


COMPANY

企業名社会福祉法人ノーマライゼーション協会
住所大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37
電話番号06-6323-4575
事業内容障害者介護・支援施設の運営
代表者名理事長 山中 多美男
創業・設立1990年10月1日
従業員数287名
URLhttp://www.normalization.or.jp/