ロゴ

株式会社三協メディケアの採用ホームページです。

メニュー

意見を言い合える関係性が、チームワークを深める。
岩手県遠野市「あったかいごひといち」所長
白岩啓太さん
入社7年目

三協メディケアの17事業所の中で、最年少で所長を務める白岩さん。
その働きぶり、雰囲気作りには定評があります。
仕事内容ややりがいなどについてお聞きしました。

どんな業務を担当していますか?
普段の仕事内容や大切にしていることについて
教えてください。

介護福祉士養成の専門学校を卒業し、介護施設で働き始めました。養成校の専任教員を務めたこともありますが再び介護業界に戻り、その際に三協メディケアの介護施設に入職しました。
現在は、施設所長の他、デイサービスの管理者も担当しています。
デイサービスは朝9時頃に利用者さんをお迎えに行くところから始まり、入浴や爪切りといった清潔保持や、昼食の介助、外出などの社会と関わりが持てるような活動の支援も行います。
私が入職時にお世話になった先輩の言葉ですが、「私たち職員は、利用者さんに対して『してあげる』ではなく、『させてもらっている』」。
“利他の心”に通じる言葉であり、私も常に心掛けています。

キャプション

どんな職場ですか?
職場の雰囲気や、福利厚生などについて教えてください。

三協メディケアの介護施設は職場の雰囲気の良さが自慢です。特に私が所長を務める施設は職員同士が気兼ねなく意見交換することによってお互いの理解につながり、雰囲気が良いと胸を張って言うことができます。
福利厚生については、子育て世代が中心の職場ということもあり、産休育休制度や育児時短制度をよく活用しています。初めて申請する職員の場合、手続きの仕方がわからないことも多く、声掛けをするなどして積極的にフォローしています。
また、職員のライフスタイルにもフレキシブルに対応。私自身、家庭の事情で転居しなければならず退職を考えていたところ転居先の最寄りの施設に異動することができました。

キャプション

どんな人物を求めていますか?
これから一緒に働く仲間へのメッセージをお願いします。

介護現場の仕事はチームワークが大切であり、一人ではできないことでもチームなら成し遂げられる。それが、この仕事の魅力のひとつだと思います。
言うのは簡単ですが実際はなかなか難しく、相手の立場や気持ちを思いやり横のつながりを強めていくことがカギになります。
そのためには、周囲に自分の思いを伝えることが重要です。皆の前で意見を言うのは怖いことですが、逃げないでほしい。
「言っても言わなくても同じ」ではありません。言わなければ変わらないことがきっとあります。
自分の考えをかたちにすることに喜びを感じられる方、一緒に働きましょう。

キャプション
採用情報一覧へ