ロゴ

社会福祉法人 天神保育園の採用ページです

メニュー

保育士は、子供たちの未来・日本の未来を創る希望に満ちた仕事です!

社会福祉法人 天神保育園の保育士 古井靖人さんに、仕事の魅力や求める人物像について聞いてみました。

子供たちの「人間としての基礎を育てる」意義のある仕事

私は、保育士になって15年目になります。学生の頃から子どもが好きだったのですが、当時、保育士は女性が多く男性が選ぶ職業だとは考えていませんでした。そのため、一度は一般企業に就職。でもやっぱり「好きなことを仕事にしたい」と思うようになり、保育士を目指しました。同じころ、日本では青少年の犯罪が多く「その原因は何だろう?」と考えるようにもなったのもきっかけの一つかもしれません。子どもたちは日本の未来を創る希望です。保育士の仕事は、子供たちの未来のために、良い社会にしていくために子どもたちの“人間としての基礎を育てる”とても意義のある仕事だと思っています。先輩保育士として、同じ想いで仕事に向き合える保育士をたくさん育てていきたいと思っています。

子供たちがたくましく成長する姿を見られる時が一番嬉しい!

子供たちにとって、保育士は親の次に深く関わる大人です。だから、みんなに平等に、一人ひとりの細かな感情にまで目を配るようにしています。また、子供たちは大人の言動をよく見ていますから、憶測で行動せずに自分が見て聞いたことを伝えるようにもしています。
保育士の仕事をしていて一番嬉しいのは、子供たちがたくましく成長する姿を見られた時です。マーチングやオペレッタなどで輝いている姿を見る時はもちろん、日常の些細な出来事でどんどん成長していきます。何気なくかけた言葉が、子どもたちの忘れられない記憶になったり、「先生が○○と言っていたからやってみる!」と頑張る力になっている時は嬉しいですね。毎日子供たちからいっぱい元気をもらっています。

自ら考え悩んで、目標をもって取り組める保育士を目指そう!

天神保育園は、保育士17名のうち男性保育士が5名と県内でも多く、活気に溢れた職場です。リーダーの先生を中心とした1クラス複数の担任制で、色んな先生と関われてアットホーム。園内には子供たちの作品しか飾らないので、保育士でよく聞かれるよく持ち帰り仕事や残業もほとんどなく働きやすい雰囲気です。子供たちと一緒に居る時間や教育・保育に充てる時間を大事にし、プライベートもしっかりと充実できる働き方ができるのも、当園の魅力だと思います。

言われたことだけをやるのではなく、自ら考え悩んで、目的意識をもった保育士になりたいという方は、ぜひ天神保育園へ!意欲のある方、子どものために失敗や時間をかけられる方、お子さまの成長と一緒に長く楽しく、保育士として成長していきましょう!

TOPページ