先輩社員インタビュー

中越興業で元気に働く社員たちに、仕事のやりがいや会社の魅力などについて聞きました。


現場の最前線で現場管理をする (村中 祥聖さん/2012年入社/工事部)

 

新卒で入社し作業員として現場をいくつも経験してきましたが資格を取得しコツコツとキャリアアップを続けてきました。現在は、工事部で現場管理者として仕事をしています。

現場で測量をしたり、業者と打ち合わせをしたり、業務が滞りなく進むための調整なども行っています。道路や軌道などスケールの大きな事業を手掛けているので完成したときの感動もひと際大きいです。

現場では困難なことや予期せぬことも起きることもありますがみんなで協力して乗り越えながら仕事に励んでいます。働いていて感じる当社のよさは、とにかく明るい職場だという点。温かくアットホームな雰囲気でなじみやすいのも特徴だと思います。

ぜひ一緒にものづくりを頑張りましょう!

 


施工管理技士1級取得を目指す (稲塚 翔さん/2014年入社/建築部 主任)

 


建築部で施工管理として工程・図面・書類の作成、現場の写真撮影などを主にしています。

そこに「モノ」として残り、「自分が関わって完成したんだ」と誰かに話せる仕事という点に魅力を感じています。元々、電気系を学んでいましたが、建築の仕事に興味があり、ほぼ知識ゼロの状態で入社しました。先輩に教えてもらいながら今では施工管理を任されるまでになりました。

今、施工管理技士1級の資格を取得すべく勉強中です。スクールの通学費用や試験の費用も会社が負担してくれるので安心して学ぶことができています。合格したら今まで以上に大きな規模の現場に携わることができるので、そのためにも日々の業務と両立しながら頑張りたいと思います。

 


 現場で働く唯一の女性社員 (新井 梨香さん/2013年入社/工事部 主任)



土木の勉強をしていたので自然と建設会社への入社を決めました。現在は現場事務所で書類作成や整理、図面作成補助などをしています。

デスクワークだけでなく現場に出ることや、社内外の方たちとのやり取りも多い仕事です。材料の発注やスケジュールの管理など現場業務がスムーズに回るようにさまざまな段取りや調整をするのも大切な仕事です。

「考えること」や「パズルを組み合わせること」が好きな方に向いているようにも感じます。

男性が多い職場ですがアットホームでみなさん気配り上手なので居心地が悪いと思ったことはありません。また、現場が終われば、まとまった休みが取りやすく、産休や育休の制度もあり女性も安心して働ける環境だと思います。