地域のみなさんの生活を支え、ともに考え、取り組む仕事。

 

毎日地域の皆様の安全と安心を、オレンジのユニフォームを着た我らが精鋭部隊が支えます。

 
 
子供たちの未来のため、いまできることからコツコツと。
 
【当組合のモットー】子供たちの未来のため、いまできることからコツコツと。 廃棄物に係る収集・運搬、処理・処分全般を業務とし、仕事を通して、地域や社会に貢献することを心掛け、一生懸命をモットーとした職場です。

【オレンジのユニフォームについて】

*元は、安全ベストのオレンジからきているのですが、目立つ色の為、作業中でもすぐに様々な方の目につくようにしております。

例えば、作業を共にする仲間の場合、一人は集積所につくとすぐに車から降り、安全に収集車を集積所まで誘導します。

その際、スタッフを見失うことが無いようオレンジを着用しております。

作業効率も上がり、スムーズに移動もできる様になりました。

*集積所近くを移動される地域の方には、集積所の後ろ等で作業していることも多いため、衝突や事故を回避する為、このオレンジを着用しております。

また、オレンジは、ビタミンカラー!の為、見ている方はもちろん、着用している作業員のモチベーションUPにもつながっています。

気さくにお声を掛けてくださる地域の方も増え、コミュニケーションも図れています。

山形環境保全協同組合 のお仕事を探す

都道府県から探す

職種から探す

雇用形態から探す


【ISO14001も取得しています】

 
お馴染み収集車です。
 
明るい雰囲気の職場です。
 
キレイな街づくりに取り組んでみませんか。

【ISO14001】とは、ISOはスイスに本部があり、日本語に訳すと「国際標準化機構」のことを言います。

「国際的な規模で標準をつくる組織」と言い換えるとイメージが付きやすいかと思います。


*ISO規格とは、上記機関が定めているのが、国際規格である「ISO規格」です。

ISO規格は、国際的な規模で基準を統一する規格と言えます。「世界基準のものさしをつくる規格」と言い換えることもできます。

例えば、国によって製品の大きさや品質、安全性や機能が大きく違うと、国際間での取引に支障が出ます。

そうしたことを避けるために、基準を作り、標準化させることを目的としたものが「ISO規格」です。


組織名と規格自体を混同し、規格自体を「ISO」と呼ぶこともあります。

この「世界基準のものさし」を会社の仕組みに取り入れることが、「ISO規格を導入する」ということになります。

「ISO」は、会社に決まり事を作るところからはじまります。

「ルール(Plan)」を作って文章化し、きちんと「実行(Do)」しているかを第三者に「証明(Check)」してもらい、「改善(Action)」続けて行くことで、企業に導入された「ISO規格」は初めて成り立ちます。

そうした環境の中で、環境や、廃棄物処理について一緒に考え活動してみませんか。


【くるみん認定企業】

 
【資格取得へのサポートもやりがいへと導きます】 当組合では、職員が仕事で使うごみ収集車などの免許取得に助成金制度を設け、職員のスキルアップを支援しています。 フォロー体制も整えておりますので、相談なども気軽にできる環境であると思います。
 
 

当組合は、くるみん認定事業所として、男性職員がこどもの出生に立ち会うための休暇や育児休業・育児休暇の取得など子育て世代へのサポートを推進しております。又、高校生までのお子さんを扶養する職員には育児手当を支給し、仕事と子育てを両立させることが出来る職場を目指しております


現在、10代から60代までの年齢層の職員が在籍しております。

朝が早い仕事でございますが、大幅な残業がなく16時台での退勤が可能】共働き世帯ではお子さんのお迎えなどをされているお父さんもおります。


企業情報

企業名山形環境保全協同組合
住所山形県山形市大字十文字字韮窪北3432番1
電話番号023-686-5581
事業内容廃棄物処理業
代表者名代表理事/小林 克己
創業・設立昭和44年
資本金8,800万円
従業員数161名(令和2年7月1日現在)
URLhttp://talent-clip.jp/yama-kan-ho