ロゴ

株式会社ヤナギサワの採用情報サイト

メニュー

「必要なのは専門知識よりもコミュニケーション力」
営業統括部 小島次長

新卒でヤナギサワに入社以来、営業一筋で活躍してきた小島さん。現在は更に本社の営業部をまとめるリーダーとして、一人ひとりの個性が生かせるような職場づくりを心がけています。

―普段の仕事について教えてください

■お客様にもチームの仲間にも、対話と気配りを大切にしています。

外勤営業として長年お付き合いのあるお客様を中心とした深耕営業がメインで、時には新規提案なども行っています。また現在は次長職として、関東圏の営業所をまとめる役割も任されています。一人ひとりの個性や特長に合わせた働き方ができるように社員との対話を増やし、お客様との接し方やどんなことに悩んでいるのか、といったことにも気を配るようにしています。測定機器は専門用語なども多く入社当初は戸惑うことも多いかもしれません。実は私自身も文系の出身。仕事をしながら少しずつ知識を身に着けていきました。商品についての理解が深まると、お客様のご希望の商品がご提供できないときに、「こちらはどうですか」というように、今までとは違ったアプローチで提案できるようになります。AがないならBを提案するといったことができると、お客様からも感謝されますし自信にもなります。    

ー職場の雰囲気はどうですか?

■お客様の為に外勤・内勤が連携。研修もしっかり行います。

対話を大切にしていますので、困ったことや悩みなども相談しやすい環境だと思います。外勤と内勤でひとつのお客様にあたりますので、連携は大切です。内勤の人に連絡したことが伝わっていないとお客様の不信感にもつながります。ペアを組んでいる外勤・内勤だけでなく、誰かが困っていれば助ける、“ワンチームの精神”で実績をあげています。勉強会も頻繁に実施していますので、入社当初は商品知識がなくても、働きながら経験を積むことで営業として成長していけると思います。

キャプション

ーこれから一緒に働く仲間へメッセージ

■大切なのはお客様の話を聞いて提案できる「コミュニケーション力」。

測定機器と聞くと専門知識がないと無理だと思われがちですが、そんなことはありません。お客様と話をするときに必要なのは専門知識よりも、社会人としての基本的なマナーだと私は考えています。社内でできていないことは社外でもできないので、まずは挨拶や電話の応対を身に着けていただければと思います。
業務に関しては社員はそれぞれに得意分野があり、後輩に「教えたい」という意識も強いので遠慮なく聞ける環境だと思います。外勤と内勤でお客様を担当するので、内勤で知識をつけてから外勤に挑戦するといったキャリアプランも可能です。本人の特性や希望に合わせることのできる働き方は、可能性を広げるチャンスになると思います。新しい分野にも臆することなくチャレンジできる、人の話を素直に聞ける人には向いている職場だと思います。

キャプション
採用情報一覧へ