1-1

株式会社スリーティ運輸_2021特設採用サイト

メニュー

利用者様に寄り添ったご提案を

利用者様にとって生活の質を向上させるために 福祉用具専門相談員として活躍中のスタッフの声を聞きました。

ヘルスケア事業部砺波営業所 主任 長森誠さん(2014年入社)

普段どんな仕事をしていますか?

定期的にケアマネージャー様を訪問し、新しい商品の紹介やご提案をさせていただいています。ケアマネージャー様を通して、福祉用具が必要な利用者様やご家族様とお会いし綿密なヒアリングをしていきます。それを踏まえながら一人ひとりに合った福祉用具のコーディネートをおこないます。自分が提案した福祉用具を導入することで、これまで介助が必要だったことがひとりでできるようになったり、歩くことが困難だった方が器具を使うことで歩けるようになったりと、利用者様の生活の質が向上することが何よりもうれしいです。それによって見守るご家族や介護従事者の方々のご負担が軽減することでみなさんがハッピーになってくださることがこの仕事の醍醐味ですね。

働きやすい点はどんなところですか?

提案営業と言ってもノルマは一切ありません。もちろん、利益も大切ですから数字の意識は各々が持っていますが、みんなで力を合わせて目標に向かって頑張るという環境なのでのびのびと自分がやるべきことに取り組めています。わからないことや難しいケースに直面しても相談し合える仲間がいることがとても心強いですね。上司や役員との距離も近いので、気づいたことや改善したらよいと思うことも気兼ねなく話ができるのも働きやすさのひとつだと感じています。また、入社後は、先輩と同行しながら仕事を少しずつ教えてもらえますし、福祉用具専門員の資格取得もバックアップしてもらえるなど、手厚いサポート体制があるので未経験でも安心して仕事をスタートできます。

先輩社員・長森さんから、皆さんにメッセージをおねがいします。

元々、介護の仕事に興味はあったものの卒業後に選んだのは、サービス業。人と接する仕事をしながらも介護に携わりたいという気持ちは消えることはありませんでした。介護の現場だけでなく、福祉用具を通して介護業界をサポートできるこの仕事を知り思い切って転職しました。僕以外にも、異業種・異職種からの転職者が多いのでいろんな方が馴染みやすい職場環境だと思います。また、日勤のみなので、夜勤など交替制で働くことに抵抗がある方や、生活と仕事のバランスを大切にしたい方にとってもおすすめの仕事ですし、実際に、子育て中の女性が多数活躍しています。「人の役に立ちたい」「人と接することが好き」という方にはぴったりの仕事だと思いますのでぜひ、一緒に頑張りましょう!